Plastics- マテリアルリサイクル 

BAFはプラスチックの「グローバルなマテリアルリサイクル」が得意です。

循環型経済社会(より良い環境)を構築するために、リサイクル事業の発展は欠かせません。

 

プラスチックの原料工場・成形工場で発生する”もったいない端材”を”エコグレード材料”として蘇らせ再商品化するマテリアルリサイクルはBAFが1986年創業以前より継続して台湾、香港、中国の地域で発展させてきた事業です。 

更にこれらのプラスチックネットワークの中で、エコグレード原料、エコ関連商品の企画、生産、輸出入を事業のベースとしています。

PS、PET、PVC等の汎用樹脂からスーパーエンプラに至るまでバージン原料、オフグレード原料、たな卸し原料、再生ペレット原料、粉砕品原料、スケルトン(打ち抜き材)/ランナー/端材品等の未粉砕原料などすべてを取扱っています。主体はリサイクル目的の”エコグレード材料”です。 長年の経験に基づきほぼ100%リサイクルが可能と判断された再資源化原料が中心です。 大半の材料は長期にわたり決まった流れができており、再生原料加工工場、コンパウンド工場、成形工場への太いパイプとして継続した安定供給を続けています。

リサイクルビジネスは何よりもサステイナビリティー(環境破壊の無い資源利用の継続)が大事です。毎日発生する端材等を効率良く回収する。それを再生加工する。 そして何よりも原料を継続的に使用できる商品の市場が存在する。 このスムーズな流れが成りたって、各社が収益を上げれる事業と確信しています。 プラスチックのリサイクルで最も困難な部分は、金属や紙のリサイクルに比べ少量多品種に及び、分別を間違えれば燃料用途か環境破壊ゴミになってしまうということです。 最近は新材料も多く、再生のための知識も要求されます。我々はその一端の原料調達を担ってきましたが、2008年にR&D型工場「BAF PLASTICS」を広州市経済技術開発区にオープンしました。

商品の流れ

 

工場で発生したリサイクル可能な端材(すべて有償)、或いは再生工場等で選別、破砕、ペレット化などの一次加工された再生原料は各工場の敷地内でコンテナーに詰めて頂くか、弊社で用意させて頂く各地方港の倉庫に搬入をして頂くか、あるいは長年お付き合いのある地元の再生資源回収業者様を通して回収・出荷をして頂くかをご判断頂きますが、BAFが排出企業様の責任を全うできる「信頼性」と「透明性」を保証致します。

 

大半は海外のグループ再生工場や製品工場へ直接納品いたしますが、現地の商社を経由する場合もあります。商社を経由する場合でも、発生元、出荷元の皆様に安心して販売して頂けるように香港、深圳の現地スタッフが毎日連絡を取り合い、必要に応じて搬入先倉庫ならびに加工工場を視察指導し、トレーサビリティー(追跡調査)の重要性を心がけています。

相利共生提案  ---   Symbiosis

 

 

 

リサイクル協力体制づくり --- Recycling Collaboration

Copyright © 2003-2005 The BAF Inc. All Rights Reserved.